低血圧に気をつけよう|症状は健康食品で抑えられる

女の人

糖尿病にならないためにも

血液

指標ではあるけれど

糖尿病の指標としてヘモグロビンa1cはよく利用されていますが、同じく糖尿病の指標となっている血糖値と比較すると、食事や時間といった影響をヘモグロビンa1cは受けることが基本的にありません。これはヘモグロビンa1cが赤血球に含まれていることが関係しており、赤血球の寿命が数カ月程度であるために、検査によって調べられる数値も当然ながら数カ月前のものになるためです。それゆえに検査の直前に一生懸命食事制限をしたところでヘモグロビンa1cには関係なく、数カ月前の血糖の数値がそのまま出ることになります。そのために糖尿病の検査や治療の際には重要視される数値となっています。ちなみに基準値は性別や年齢によって多少変化しますので注意しましょう。

改善するための方法

ヘモグロビンa1cの数値を下げるためには、生活習慣の改善が基本となります。とくに注意したいのが食事に関する工夫で、血糖を下げるためにはまずは炭水化物の摂取を控えることが効果的です。もっとも極端に炭水化物の摂取を控えてしまうと必要なカロリーを摂取できなかったり、ストレスが溜まってしまうこともあるため、逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。そのために白米を麦や玄米、五穀米に変更したり、ご飯の量を半分にするといった工夫をすれば、ストレスやカロリー不足に陥ることなく炭水化物を減らせます。また食事以外にも、ウォーキングなどの適度な運動も効果的ですし、田七人参や高麗人参、ナットウキナーゼや菊芋なども改善効果が期待でき、これらはサプリメントなどで手軽に摂取可能となっています。